愛知県を中心に活動するシンガーソングライター,重永柊弥(しげなが とうや)のオフィシャルサイトです!

悲しみの涙

『悲しみの涙』
作詞:恵加
作曲:純白パプリカ

君が僕の手を握りながら
隣で歩いてくれたあの日
僕は舞い上がっちゃってさ
君の顔なんて見れなかったよ

君が僕の手を振り払って
僕を見つめていたあの日
僕は不安にもがくだけで
君の目なんて見れなかったよ

君の頬を伝う雫が夕日に照らされて
悔しくなるほどに輝いていた
ずっと ずっと…

片想いのまま儚く散っていくなんて
そんなことわかってたから
やっと見つけた
大きな大きなチャンスを
最初で最後のチャンスを
この手で掴んだはずなのに
僕は何もできなくて

君が貸してくれたあのノートを
書き写したこのノートのページ
開くと君が蘇る
君の優しさを思い出す

優しすぎるところが
君の悪いとこだって
知っていたからこそ守りたかった
なのに なのに…

僕は君のサインに気づけなかったんだ
気づいているつもりでいた
君が見せた笑顔も
君が見せた涙も
そっと包んであげていたら
君は傷つかなかった

片想いのまま儚く散っていくなんて
そんなことわかってたのに
僕は君のその手を
握ってしまったんだ
君が握り返してくれた
その手を離さないと決めたのに

僕の前では涙を隠していたこと
あの時知っていたら

あの時夕日に
照らされていた涙は
君が見せた涙は
想いを伝えられなかった
臆病者の僕が
拭ってあげられなかった
悲しみが滲んだ涙

 

※歌詞の一部ないし全部を,権利者の許可なく複製・転載・配布を行うことは,著作権法により禁止されています。ただし,第30条・第32条・第37条に該当する場合を除きます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

次回のライブ

開演:8月5日(土) 12:30
会場:矢場町 Cafe Sault
チケット:無料 (D別)

詳細

友だち追加数
重永柊弥(元 純白パプリカ) (@jyunpakushige) さんのライブ
PAGETOP

ご利用規約プライバシーポリシー推奨環境
サイトマップお問い合わせ

© 2013-2016 純白パプリカ / © 2016-2017 重永柊弥